企業ホームページから収益を生み出すために必要なウェブ解析法とは?

ウエブ解析

ウェブ解析事業とは?非常に重要度の高い戦略の一つであり、このウェブ解析能力や取り組みが売り上げに大きく左右していると言っても過言ではなといえます。

また、この取り組みをよく理解していないことや導入していないことで、売り上げが伸びなことにすら残円ですが、気付いていないオーナー様も多いことも事実です。

せっかく高額な費用と苦労して作成したネットショップも、なかなか売り上げが上がらないと嘆いているオーナー様はいないですか?

自店にどれだけの方がネット上に訪れたのか?また、何処から入ってきたのか? どんな”キーワード検索で自店を見つけたのか?など・・・

定期的に分析して行かないと、GoogleやYahooの検索ロボットに上位表示してもらえない状況を招きます。

上位検索される為の要因は、約200個位あると言われています。 全てに対して対策を練るのは不可能ですが、上位表示するには、最低でも5個程度の対策が必要になってきます。

この項目に関しては、下記の「ウェブ解析の重要ポイント?」で詳しくお答えします。

具体的なウエブ解析の重要ポイント

当社では、売り上げ向上に繋がるウェブ解析の重要ポイントをお教えしています。 専門的知識を習得したスタッフが手取り足取りお教えいたします。

ページ内の言葉で狙っている第1キーワードは6%位に抑える。

また第2キーワードに関しては3%位に抑える。 など、まだまだ多数のノウハウがありますがこれは実施のサポートでお教えしていきます。

以下の記載する内容は、検索順位決定のロジックです。 重要な部分ですのでしっかりお読みください。

①タイトル名のつけ方

サイトの冒頭に表示される文章でお店のショップ名等がこれにあたる。

このタグも検索され易いような複合キーワードを使って配列良くショップ名を付ける事がGoogleの検索エンジンに評価されりポイントとなります。

重要な部分で専門的言えば、このタイトル部分は<title>・・・・・</title>といったソースとなり、ネットサーフィンなどで調べるとよく出てくる「H1」ということになります。

また、検索エンジンが認識し易いように「H1タグ」は、タイトルの一番先頭に入れる事が重要とされています。要はタイトル=H1=重要ということです。

②キーワード選定

Googleなどの検索エンジンに認識され易いキーワード重要ですが、余りにも検索件数の多いキーワードは避けて、作成するサイト や現行のサイトにマッチした複合キーワードを使う事が重要です。

ご自身が購買者だったらどういうキーワードで検索するのか?など購買者心理を考えて選定することが重要です。

③メタダグの入力法

GoogleGoogleYahooの検索した時に掲載されている文章で、 100字程度にする。また、複合キーワードを全てを入れた文章にする事。

④コンテンツSEOという考え方

以前のgoogleアルゴリズムは、被リンクが多く入っているサイトが優良なサイトで、お悩み抱えているユーザーや何かを調べようとしているユーザーにとって最も最適なサイトとされていました。

そこで、当時の主流は故意にGoogleの評価(検索ランキング)を上げよと衛星サイトなるサイトを意図的に作り、そのサイトからメインのサイトへ被リンクを入れるなどして検索ランキングを上げていたことがありました。

しかし近年では、Googleのアルゴリズムも被リンクよりコンテンツの質重視へと変わってきました。

そこで、数年前よりアメリカを発祥として他のページでも紹介していて当社の主流とも言えるオウンドメディアが注目されるようになったのです。

そのオウンドメディアで最重要となているのが、コンテンツSEOということです。

このコンテンツSEOとは?話せば長くなりますが、要するに検索から訪れるユーザーにとって有益で学びとなるサイトであるのかという評価だということです。

このGoogleの評価には約200通りの判断基準があると言われていますので、その中でも基本となるのがこのコンテンツSEOという考え方です。

⑤サイト内リンクSEOという考え方

検索してきたユーザーに自サイトの有益情報記事を一緒に見ていただくための手法とも言えますが、サイト運営者から見れば、このサイト内リンクを多く入れることで、サイト内の滞在時間が伸び、直帰率も下がることでGoogleからこのサイトは、ユーザーにとって有益なサイトであると判断されるからです。

先ほと話した200通りの一つといえますね。

⑥ドメインパワーという考え方

以前は、有効被リンクの付いた中古ドメインがGoogleの考える良質コンテンツであるという考え方が主流でしたが、近年ではGoogle社のユーザーに良質なコンテンツを提供するという使命感から「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」といったロジックを導入してランキング評価を行っています。

そんなこともあり、現在ではそれほど中古ドメインの威力が感じなくなっています。

それよりも良質なコンテンツを配信し続ければ、Google検索エンジンの評価も上昇し結果、新規ドメインであってもドメインのパワーはアップすることが実証されてきています。

やはり、ネットを介して出会う向こう側にいるユーザーの目線に立ったコンテンツをいかに配信していけるかが重要ということですね。

⑦ソーシャルネットワークサービスの有効活用法

 ご存知のように近年のソーシャルネットワークサービスは多く登場してきており、主なものとしては、「Facebook」「Twitter」「LINE@」「Google+」「Instagram」など有名ですが、このSNSツールを有効に使うことで、Google評価値の一つでもある被リンクが入りますので、検索ランキングアップには有効な手段といえます。

しかし、この方法にもやり方があり、その方法を間違えると上手くいかないケースもありますので、正しいやり方を知ることが重要です。

⑧サイトマップの有無

サイト内にサイトマップを設定しておくことで、ポイントは低いですが評価されますのでがマスト要件です。

⑨ページ数

やはり1ページのみのサイトよりページ数の多いサイトの方が当然有利です。また、販売ページだけでなく「役立つ情報やリンク集」を作る事が重要。

⑩ページ内キーワード比率

ページ内の言葉で狙っている第1キーワードは6%位に抑える。 また第2キーワードに関しては3%位に抑える。 など、まだまだ多数のノウハウがありますがこれは実践で行います。

以上がウエブ解析に重要10のポイント紹介でした。

またアフィリエイトを事業として、行っている方もおり、頑張り次第で”夢”を実現することも可能になります。

まとめ

以上が主にサポートしていくウェブ解析に内容でした。また、もっと詳しく聞きたい方は、ぜひ一度以下のお問い合わせよりご連絡をお待ちしております。

お問合せ
当社に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
〒870-0848 大分県大分市賀来北2-1-24
お問合せメールはここから

Sponsored links

26

ウエブ解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

TPOWS-JAPAN:Owner/記事ライター/Analyst
現在は、中小企業を中心に集客に強いメディア構築と運営コンサルティングを行っている。そしてRWC、POINESTツールの販売パートナー。バイクと車好きのちょい悪おやじ。元イタリアブランド:shop-leader